税込 こなれSETUPSTORY 4月号掲載商品エコ洗える接触冷感UVケア吸水速乾 【60%OFF!】 コットンジレ インディヴィ

【こなれSETUPSTORY 4月号掲載商品エコ洗える接触冷感UVケア吸水速乾】コットンジレ インディヴィ

/helleborein753680.html,4月号掲載商品エコ洗える接触冷感UVケア吸水速乾】コットンジレ,8939円,トップス , ベスト・ジレ,【こなれSETUPSTORY,インディヴィ,nayami.jp /helleborein753680.html,4月号掲載商品エコ洗える接触冷感UVケア吸水速乾】コットンジレ,8939円,トップス , ベスト・ジレ,【こなれSETUPSTORY,インディヴィ,nayami.jp 【税込】 こなれSETUPSTORY 4月号掲載商品エコ洗える接触冷感UVケア吸水速乾 コットンジレ インディヴィ 8939円 【こなれSETUPSTORY 4月号掲載商品エコ洗える接触冷感UVケア吸水速乾】コットンジレ インディヴィ トップス ベスト・ジレ 8939円 【こなれSETUPSTORY 4月号掲載商品エコ洗える接触冷感UVケア吸水速乾】コットンジレ インディヴィ トップス ベスト・ジレ 【税込】 こなれSETUPSTORY 4月号掲載商品エコ洗える接触冷感UVケア吸水速乾 コットンジレ インディヴィ

8939円

【こなれSETUPSTORY 4月号掲載商品エコ洗える接触冷感UVケア吸水速乾】コットンジレ インディヴィ


























サイズ
36(S)
38(M)
40(L)
バスト 着丈 肩幅
90 75 37
93 76 38
96 77 39

lt;

gt;

[型番:12744022]
『こなれ SETUP - セットアップの新常識は、ゆる感が今っぽい -』Beauty project for SETUP

■STORY 4月号掲載商品

【デザインポイント】
ナチュラルな表情のトリアセコットンでお作りしたノーカラージレジャケット。ストレッチ性の高い生地を使用してます。
肩回りをスッキリ華奢に見せたノースリーブと、お尻が隠れるロング丈はスラリとバランスの取れたスタイリングを取ることができます。

【スタイリングポイント】
シンプルなTシャツに羽織るだけでも決まりますが、袖コンシャスなブラウスと合わせて甘辛スタイルもお勧め。
同素材のパンツと合わせ、set-upスタイルでハンサムなスタイルもお勧めです。
シンプルなワンピースに軽く羽織るのも良いでしょう。

【ECOポイント】
木材パルプを主原料に作られたトリアセテートを使用し地球環境に配慮したサスティナブルな素材です。

【素材ポイント】
清涼感あるナチュラルな風合いと適度なストレッチ性で快適な着心地です。
シワになりづらいイージーケア性も兼ね備えています。

※ポケット数:横×2
※裏地なし

※ナチュラル(050)はやや透け感があります。
※この製品は、太陽光線中の紫外線(UV)を通しにくくします。この効果は永久的ではありません。
※この製品は吸水速乾効果のある素材を使用しています。この効果は永久的ではありません。
重量:約245g(サンプル重量)

■カラー
ブラック(019)、ナチュラル(050)
■サイズ
36(S),38(M),40(L)
■素材
トリアセテート52 ポリエステル30 コットン18%
■原産国
中国製

【こなれSETUPSTORY 4月号掲載商品エコ洗える接触冷感UVケア吸水速乾】コットンジレ インディヴィ

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.


地球生命圏科学講座の目指すもの

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.